大規模修繕

マンションでは、長期修繕計画に基づき、概ね10年毎に大規模な修繕工事を行うことになりますが、その中心として工事を推進して行かれる“大規模修繕委員会の方々”の御苦労は計りしれません。そこで、一級建築士事務所(株)テチュル設計企画は、“大規模修繕委員会”の仕事の御手伝いをする“大規模修繕工事設計監理業務”を行っています。
建物現状の調査⇒概算見積もり⇒予算に合った工事範囲・工事方法の検討⇒業者への見積もり依頼⇒業者見積もりの検討⇒業者の選定⇒工事の監理及び指導など、“大規模修繕工事”に於いて、“大規模修繕委員会の方々”の業務一切の御手伝いを致します。又、設計事務所として、共用部の改善工事に関しての御提案及び御協力も致します。

調査とお見積りについて

管理会社が提出する“定期点検報告書”や“建物調査診断報告書“に依り、大まかに工事の必要な箇所の把握は出来ますが、全体的な工事の必要箇所の数量確認には、更に調査が必要なります。一級建築士事務所(株)テチュル設計企画は、御要望に依り、建物全ての調査を行い、報告書を提出致します。

調査に於いても、一級建築士事務所(株)テチュル設計企画では、共用部(エントランス等の共用部及び階段・廊下、外壁周り、外構等)のみの調査から、専用部(バルコニー・テラス等専用使用部)を含んだ調査まで、御要望により対処致します。
また修繕工事とは、別に住環境をより良くする為の改善計画に関しても、御要望があれば、御提案及び御協力致します。

  • 管理会社からの「定期点検報告書」及び「建物調査診断報告書」管理会社からの「定期点検報告書」
    及び「建物調査診断報告書」
  • 一級建築士事務所(株)テチュル設計企画が提出した調査報告書一級建築士事務所(株)テチュル設計企画
    が提出した調査報告書

大規模修繕工事の流れ

一級建築士事務所(株)テチュル設計企画では、調査報告書に基づき、概算見積もりの作成を御手伝い致します。概算見積もりにより、“大規模修繕工事”の予算検討が出来、工事範囲の検討も可能になります。

業者の選定

一級建築士事務所(株)テチュル設計企画では、“大規模修繕工事”の施工に適した業者の選定を御手伝い致します。
「大規模修繕工事の工事仕様書」を作成し、“現状調査に依る数量表”と共に施工業者数社に見積もりを依頼、業者見積もりの比較検討資料を作成し、業者選定の目安を提示致します。

  • 工事仕様書
  • 業者からの見積書

工事の監理

一級建築士事務所(株)テチュル設計企画は、工事施工業者が、“現状調査に依る数量表”に示した箇所を“工事仕様書”通りに施工しているかを、着工から完了まで、“大規模修繕委員会の方々”に替わって、監理致します。
基本的に、週1度の現場定例会議及び現場確認により、工事の進捗状況及び作業の正誤を確認指導致します。
月に1度、工事報告書を提出し、工事の進捗状況等を、“大規模修繕委員会”を通して、“マンション管理組合”に報告致します。

  • 工事報告書

工事の検査・完了・引き渡し

“大規模修繕工事”の場合、作業工程が複雑に重複しますので、作業終了段階毎に完了確認検査が必要になります。
一級建築士事務所(株)テチュル設計企画では、通常の 現場定例会議の他に、作業工程が終了次第、完了確認検査を行い、不備のない事を確認した上で、次の作業工程に着手するように、施工業者の指導を行います。
全工程が終了した段階で、再度完了検査を行った上で、“大規模修繕委員会”の皆様に確認をお願いし、完了の了承を得た上で、引き渡しする手順で行います。

大規模修繕工事の事例

  • 修繕工事の事例
  • 改善工事の事例

大規模修繕工事の実績はこちら

“大規模修繕工事”に際し、御困りの“大規模修繕委員会の皆様”、一級建築士事務所(株)テチュル設計企画へ御一報下されば御相談を承ります。
老婆心ながら、大切な修繕積立金を用いる工事ですので、予算内に治めることが重要と思います。しかしながら、小規模なマンションでは、予算に限界があるでしょうから、“大規模修繕委員会の皆様”の負担は、大きくなりますが、直接施工業者と交渉し、設計から施工まで一括で依頼する「責任施工方式」を取られた方が良いと思います。
100世帯以上で、工事予算が1億円以上の大規模なマンションに於ける“大規模修繕工事”には、弊社のような設計事務所を仲介とする「設計監理方式」を御勧めします。

お問い合せ

ページトップへ